2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017'10.08 (Sun)

ペットリフレクソロジー体験!!

今日は良いお天気、秋晴れですね~。

1

クッキーもご機嫌、にこにこでお庭で遊びました。

2

かわいい笑顔でしょ~。

3

実は、お庭の柵に、小さなカマキリがいて、
これがぴょんぴょん、跳ねまわっていて。
それが気になって仕方のない、クッキーなのです。

(〃^∇^)o彡☆あははははっ

そんなわけで、お庭でひと遊びできたので、おでかけしま~す。
今日は、nakku で、ペットリフレクソロジーを体験してきました。

ペットリフレクソロジーとは。

リフレクソロジーに色彩療法などの補完療法を組み合わせて
ペットの心とからだの不調を和らげます。
生まれたばかりから加齢による様々な症状を抱えたペットまで、
年齢を選ばず行えるソレンセン式ペットリフレクソロジー。
元気がない、ストレス、トラウマ、アレルギー、皮膚のトラブル、
中耳炎、尿漏れ、コブや腫瘍など心とからだの不調に。


という、説明を受けました。
もともと、人間に対して行っていたのですが、
ここ1年で、犬にもできるようにしたとのことで、
わりと新しい治療方法です。

4

さぁ、クッキー、始めますよ~。
担当は、ソレンセン式神経反射療法士 大塚 寛子先生です。

赤、オレンジ、黄色、緑、水色、ピンク、紫。
この7色のライトを使って、クッキーの気になるところに
光を当てていくのですが。
始める前に、クッキーの病歴、気になるところなどを伝えます。
クッキーの場合は、まず、アポクリン腺がんであること、
9月20日から、左後ろ足がびっこをひくようになってしまって、
今は普通に歩けるように、回復したこと。
ときどき、左目、下瞼が腫れること。(麦粒腫。)
こんなところでしょうか。

まず、治療のために当てる光は、黄色なのだそうです。
黄色は、傷口、痛めたところを治す力があるそうです
なので、黄色の光を、左足、おちりに集中して当ててくれました。

なるほど~って、思いました。
クッキーは、アニマルコミュニケーションのさいとう先生に、
黄色が好きと、伝えていました。
だから、クッキーは、普段から黄色いものを身に着けて、
治そうと、心がけていたということにつながるのです。

クッキーって、すごいなって、改めて思いました。
もうね、その気持ちがつながったときに、
思わず泣きそうになりましたよ。

普段から、黄色のタオル、毛布など、触れるだけで、
違ってくるそうです。

そして、そのあと、緑の光を当てました。
緑は落ち着く色なのだそうです。
だから、普段の生活の中でも、
緊急地震速報とかのアラームが鳴って、
びっくりしてしまったときとか、
緑のもので包んであげると、落ち着くのだそうですよ~。
すごいですね、色によって、いろんな効果があるとは。
改めて、勉強になりました。

5

クッキーは自由に歩いたり、寝たり、座ったりで大丈夫。
大塚先生が、クッキーに近づいてやさしく接してくれました。

6

あとは、クッキーの眉間を、指で軽く触って、
マッサージしてあげると、落ち着くそうです。
よつばママも、眉間をマッサージしたら、
しわがなくなりますかね。

( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

7

最後に、全体的に黄色の光を当てて。

8

だんだん緑に光を変えていく感じでした。
これが、だいたい20分くらい。
わんこは、集中力が短いので、たくさんやっても、
効果は上がらないそうです。
このあと、お水を飲ませて、
たくさんお昼寝をさせるといいそうです。

アニマルコミュニケーションもそうですが、やってもらったあとに、
お水とお昼寝、大切なポイントになっているのかもしれませんね。
こんな感じで、今日も良い体験ができ、
良いお話が聞けてためになって。
クッキーの気持ちも、さらに理解できたような気がして。
有意義な1日となりました。

クッキーのために、これからもいろんなことに挑戦して、
クッキーが元気で過ごせるように、がんばります。

9

終わってから、nakku でレスキューレメディ2本、
買ってきました。
クッキーが若かった頃、落ち着くようにと3年ぐらい、
飲ませていたことがあったのですけどね。
今度は、病気が落ち着くように、クッキーが少しでも
元気に過ごせるようにと思って、
また始めようと思いました。
元気に過ごすために、精神的なサポートも
できるだけしてあげたいです。





クッキーがずっと元気に過ごせますように、お願いします。
今週も、クッキーの応援、
どうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト
14:51  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |