2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017'05.22 (Mon)

ろまんちっく物語♪♪

気温はどんどん上がっています。
午前10時過ぎたところで、すでに室温30度を超えています~。
今日もまた、暑くなりますね。

1

そんなわけで、午前8時半頃、ろまんちっく村でお散歩。
ここに来ると、いろんなことを思い出します。
クッキーが、お散歩デビューしたのも、ろまんちっく村でした。

2

その頃、お散歩仲間になったのが、チャッピーちゃん。
ふうこちゃん、ミケちゃんでした。

3

その頃のクッキー、若かったですね~。2歳ぐらいです。

4

チャッピーちゃんが、6歳くらいかな。

5

ふうこちゃん。

6

ミケちゃんは、クッキーより1歳年下でした。
このメンバーが、ろまんちっく一期生という感じでした。
たいてい、お散歩時間がいっしょになり、
毎日のように楽しくお散歩していました。

7

歩くペースも、好きなことも、やりたいこともみんなバラバラの
わんこたちでしたが。
みんな、とても仲良しでした。

8

並んで記念撮影もいっぱいしました。

9

現在、ふうこちゃんはママさんがお仕事を始めてしまって、
お散歩には来なくなってしまいました。
元気で過ごしてくれたらいいですね。

ミケちゃんは、糖尿病になってしまって。
ママさんがインスリンの注射をしながら、がんばって過ごしているとか。
どうか回復しますよう、心から願っています。

チャッピーちゃんは、14歳くらいになっています。
かなり痩せてしまって。ひざの具合も良くなくて、
動物病院に通ったり、サプリメントを飲んだりして、過ごしています。
2週間ほど前、
チャッピーちゃんとおじさまにお会いすることができました。
実は、クッキーが3月に手術を受けることを報告して以来、
やっと会えたことになりました。
クッキーを見つけたおじさまは、クッキーって、走って来てくれて。
おじさまだって、昨年足をけがしてしまったので、
走るのは大変だったでしょうに。

「クッキー、手術大丈夫だったのか。
元気になったのか、良かった、良かったよ。
心配していたんだよ・・・。」

っと、涙を流しながら言ってくれたのです。
そして、クッキーを抱きしめてくれました。

「良くがんばったね、えらかったね・・・。」

クッキーのことを、こんなに心配してくれて、
元気になったことを、涙を流して喜んでくれて。
なんて優しいおじさまなのでしょうか。
それだけで、よつばママも胸がいっぱいになってしまって。
ありがたいな~って、思いました。

ろまんちっく一期生、みんなそれぞれにお年を重ねて、
病気や老いとつきあうようになってしまったかと思うと、
さみしい気もしますが、これからもずっと長生きしてくれたらいいなと
心から思います。
ろまんちっく物語、これからも続くといいですね。

10

さて、クッキーのお庭には、またしても四つ葉のクローバが生えました。
今年は、調子良く増えている気がします。
クッキーにたくさんの幸運を届けてほしいです。

11

そして、今日のクッキー。
またしても、朝ご飯、拒否です。どうしよう~~~。
昨日も、スペシフィック、ほとんど食べていないので、
今日は仕方なく、今まで食べていたパクパクをあげてみました。
すごく警戒しながら、クンクンしながら、でもそれは食べてくれました。
やっぱり、普通のパクパクの方が、味が良いのでしょうね。
それから、お薬、またしても飲まなくなってしまって、困っています。
何とか、うまく食べられるように考えたいと思います。

本当に次から次へと、いろんなこと悩んで考えさせられます。
クッキーのためにできることを考えていきたいと思います。





クッキーの調子を見て、明日は動物病院へ行く予定です。
8種混合のワクチンの時期なのですよね~。
そこで、クッキーのお食事面で、今後どうしたらいいか、
相談してきたいなと思っています。
どうか、何でも良く食べて、元気に過ごせるクッキーでいてほしいです。
クッキー、がんばってください。お願いします。

スポンサーサイト
11:04  |  ひとりごと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME |