2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018'06.17 (Sun)

雨のち涙、そして号泣!!!

すっかり元気のないクッキーで、ご心配おかけして、すみません。
昨夜のクッキーも、どうしても落ち着かず。つらそうで。
急遽、インターパーク夜間救急動物病院で診察してもらうことになりました。

1

痛いのだけど、おでかけするとわかったのか、
こんなときでも、うれしそうなクッキー。

2

動物病院で、よつばママがカルテ作成のため、
記入しているのを見て、にこにこしています。
いよいよ、クッキーの診察です。
ここで、とても悲しい現実を知らされました。

3

4

レントゲン画像のコピーと、血液検査結果です。
クッキーは、関節炎とか、変形性脊椎症、なんかじゃなかったんです。
それは、最悪の結果でした。
アポクリン腺ガンの再発と、転移の可能性。
骨転移の可能性。
前立腺ガンの可能性もある腫瘍が見られること。
アポクリン腺ガンの再発の可能性か、見分けはつかないが、
これを検査するかどうか。
前立腺ガンの場合、余命は2か月、、、、、。
アポクリン腺ガンの再発だったら、抗がん剤は効果なし、、、、、。

こんな事実が突きつけられました。
目の前、真っ暗。よつばママ、絶体絶命。どうする??

診断してくださったのは、若くてとてもイケメンのかっこいい先生でしたが、
動物救急救命獣医師、そして、院長という先生でして。
真剣にわかりやすく、解説してくれて、うそでしょって、
突っ込む暇もありませんでした。

そして、先生の言葉です。
「こうなったときに、あなたは、クッキーちゃんのために、どうしたいですか。
何をしたいですか。どうしてあげたいですか。治療法は。
まずは、クッキーちゃんの気持ちを考えましょう。
クッキーちゃんは、T先生にお任せして、大丈夫です。
とても立派な先生です。
ここまでの経過を見ても、私もT先生と同じ治療法を行ったことでしょう。
そして、結果がこうなったことは、誰も悪くない。
もちろん、クッキーちゃんも悪くない。
お母様、お父様、もちろん悪くないです。
だから、私から、T先生に今日の結果をメールします。
そして、明日、T先生と、今後のクッキーちゃんの計画を考えるのが
最善の方法だと思います。」っと・・・。

本当にその通りでした。

帰りの車の中、よつばママは号泣でした。
パパは、何も言わず、泣かせてくれました。
雨が降っていて、電柱のライトが涙でにじんで、オレンジの花に見えました。
きれいだな、なんて思いました。
こんなに泣いたのは、いつぶりでしょう。
脱水症状になるのではないかと思うくらいに、涙が出ました。
あ~、よつばママって、こんなに泣けるんだって、思いました。

家に帰ったのは、午前0時を過ぎたところでした。
クッキーを眠らせて、お風呂に入っても、涙が止まらなかった。
こんな悲しい日は、今までなかった。つらかった。
お布団に入っても、涙が止まらなくて、眠れなかった。
何でみんな、よつばママに意地悪なんだろうって、思ってしまった。
そんな1日でした。

【More・・・】

そして、今日。クッキーはやっぱり、動けません。
ゆっくり、クッキーに朝ご飯、お薬、サプリメントを与えてから。
いつもの動物病院へ行ってきました。

T先生と、再会。W先生からのメール、確認しました。
いくつかの治療法を上げてくださりました。
いつも親切、丁寧、本当にやさしい先生です。
まずは、Ca の数値を良くしたいのと、腎臓の回復を願って、
点滴治療。
でも、クッキーが泣いて暴れて、抵抗して。
去年はがまんできたはずなのに。つらいんだね。
クッキー、ごめんねって、何度も話しかけて、必死に抱っこして、押さえて。
パパは、クッキー、がんばれって、何度も応援してくれて。
先生は、クッキーをなでなでしてくれて。
みんな、クッキーのために、一生懸命なんだよ。
お願い、クッキー、わかって。みんなの気持ち、わかって。
最後の頃、クッキーが今までにない、本当に悲しそうな声で、泣きました。
つらかった、本当に悲しかった。
たった数分だったのだろうけど、よつばママの人生で、一番悲しかった。
そんな治療でした。

結局、明日から分子標的薬、1年ぶりに復活させることに決めました。
これで、少しでも転移した部分、炎症など押さえられたらいいのだけど。
月曜日と、金曜日の投薬予定。
あとは、クッキーの体に痛みが残っているようなら、
ステロイド系の痛み止めも服用することになるかもしれません。
火曜日に、病院で検査となります。
点滴治療がうまくいったかどうかの、確認になります。

やっぱり、帰りの車の中で、泣きました。
昨日から、ずっと泣いてばっかりだ。
ヤバイね、もっとしっかりしないと、ダメだよね。反省しておきます。

5

お家に帰って、クッキーはお庭で一休み。
こんなにがんばったんだもん。久しぶりにモグモグタイム。
クーリッシュ、ちょっとペロペロして、気分転換。
点滴治療、がんばったごほうびだよ。たまにはいいよね。

6

クッキーもとってもうれしそうに、もっとちょうだいって、おねだり。
こうして食べているところを見ると、病気だなんて思えないけどね。
そして、このあと、奇跡を起こします。
突然立ち上がって、お庭を歩いて、う○ちをしっかり、出すことができました。
2日間寝たきりだったので、排便がなくて心配だったのだけど。
がんばってくれました。
っていうか、実は、よつばママはこれがねらいでした。
特別なアイスを食べたら、きっと、力が出て、いろんなことが
うまくいくんじゃないかなってね。
アイスは犬にはダメっていうけど、うまく利用すればいいんじゃないかなって、
よつばママはそういう考え方です。
このことで、クッキーはおなかがスッキリできたわけだし。バッチリですよ。
これからも、こんな感じで、過ごしていきますよ。

7

そして、お家に入って、休憩です。

8

クッキー、よくがんばりました。おりこうさんでした。
ゆっくり休養して、明日はもう少し元気になれるといいね。
あとどれくらい、クッキーといっしょに過ごせるのか、誰もわからないけど。
ずっといっしょにいられると、よつばママは信じています。
そんなわけで、明日から、涙の闘病日記、スタートします。
どうかクッキーに、力を貸してください。応援してください。
どうぞよろしくお願いします。





クッキーといっしょにいたいです。
これからも、ずっと。
だから、クッキーといっしょにがんばります。
これからも、こんなクッキーですが、
どうぞよろしくお願いします。。

スポンサーサイト
14:44  |  ひとりごと  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★ありがとうございます。

ココママさま。
ようこそ、クッキー☆ランドへ。
コメントもありがとうございます。
メイちゃんの大変なお話、聞かせてくださって、感謝します。
つらかったですね。今は、大丈夫でしょうか。
メイちゃんは、きっと、いつもママのこと見ていますよ。
がんばってくださいね。
私も、クッキーのためにできること、これからも考えて、
がんばります。なるべく、泣かないようにしてね。
応援本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。v-22

よつばママ | 2018年06月19日(火) 12:03 | URL | コメント編集

初コメです。

私は昨年11月に1年4ヶ月病魔と闘ったメイを
亡くしました。

メイの病名が解った時
泣いて泣いて泣いて・・・
そんな時に娘に叱られました。
『ね!メイを見て!心配して見てるよ。
メイは死んだわけじゃない。
一生懸命頑張ってる。
だからメイの前で泣かないで!』と。
それから私は極力メイの前では泣かなかった。

よつばママさんの辛く悲しい気持ち
凄く解ります。
心臓も張り裂けそうですよね。

でも、くっきーちゃんも頑張ってるので
よつばママさんも頑張ってください。

応援してます
ココママ | 2018年06月18日(月) 22:16 | URL | コメント編集

★ありがとうございます。

鍵コメさま。
ようこそ、クッキー☆ランドへ。
コメントもありがとうございます。
応援していただけて、本当にうれしいです。ありがとうございます。
クッキーもきっと、喜んでいます。
これからもがんばりますので、クッキーのこと、
見守っていただけたらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。v-22
よつばママ | 2018年06月18日(月) 11:13 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2018年06月18日(月) 08:34 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME |